Mahdi Ikhlayel

サステナビリティ・リサーチャー。

Ph.D. in Sustainability Science,
The University of Tokyo.

DEISO(Integrated Environmental Sustainability Oriented Research and Development)のリサーチディレクター

研究テーマ持続可能な開発、クリーナープロダクション、産業エコロジー、環境影響評価、技術評価、廃棄物処理・利用

Mahdiは、工学、環境科学、持続可能性科学の教育的背景と実務経験を活かし、持続可能性の課題に焦点を当てた学際的な研究に取り組んでいます。特に、今日の最も複雑な環境問題や持続可能な開発問題に対して、いかにして現実的な「Win-Win」の解決策を見出すかということに取り組んでいます。彼の研究の枠組みは、学際的な方法論、ライフサイクル思考、統合的かつホリスティックなアプローチを活用しています。

アワード

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科で博士研究を行うために、文部科学省のGPSS-GLIフェローシップに採用されました(2013-3016)。
  • 工学、エネルギー、環境生態学、環境科学、経営学・会計学の分野で、Publons社の「トップ1%査読者」賞を複数受賞。
  • Publons社より、Journal of cleaner productionの「top 6 prolific reviewer」を受賞。

研究テーマ

サステナビリティ、持続可能な開発、クリーナープロダクション
都市環境資源管理・計画、産業エコロジー
技術評価・環境政策
廃電気・電子機器(WEEE; e-waste)について
統合廃棄物管理システム、廃棄物からエネルギーへの変換とその気候変動への影響と緩和
化学プラント・プロセス設計、モデリング、シミュレーション、最適化、環境負荷低減
サーキュラー・エコノミーと資源効率と3R
有害廃棄物処理
マテリアル&サブスタンスフロー分析
総物質量(TMR
LCA(Life Cycle Assessment)。分析・評価・LCA開発
社会的ライフサイクル評価
(S-LCA)