開発途上国における廃電気・電子機器の発生量推計方法の違い:ヨルダンを事例として(雑誌論文)

発展途上国における廃電気・電子機器の発生量推計方法の違い:ヨルダンを事例として

IKHLAYEL, M. 2016. 開発途上国の廃電気電子機器の発生量を推定する方法の違い: ケーススタディとしてのヨルダン.資源、保全およびリサイクル、108、134-139。

概要

本稿では、廃棄電気電子機器(WEEE)の発生量を見積もる 5 つの方法の長所と短所を検討した。この研究は、家庭部門から発生する WEEE を考慮し、発展途上国への方法の適用可能性を議論することを目的としていました。この目的のために、中東および北アフリカ (MENA) 地域のケーススタディとしてヨルダンが使用されました。ヨルダンで生成された 6 種類の WEEE の総量と個別の量 (直接と間接の両方を含む) が推定されました。必要なパラメータが少なく入手が容易なため、開発途上国で広く採用されている消費と使用(C&U)法が修正されました。この修正により、WEEE の量を過小評価するという欠点が解決されました。この調査では、比較した方法のほとんどが WEEE 総量の同様の推定値を提供したが、各機器の結果は異なることが示されました。各手法は、市場の状況 (飽和または不飽和など) を慎重に考慮して適用する必要があります。たとえば、元の C&U メソッドは完全に飽和した市場の条件に適用できます。ここで、メソッドの前提は、各世帯が、世帯メンバーによって共有される少なくとも 1 つの電化製品を所有していることです。単純遅延法は、完全に飽和した市場に適用できます。タイム ステップ法とマス バランス法は、飽和市場と不飽和市場の両方に適用されます。近似 2 法は WEEE の量を過大評価しますが、完全に飽和した市場に適しています。


    入力を開始
    Mahdi Ikhlayel'のウェブサイト
    ja日本語